iforex 評判

iFOREX(アイフォレックス)の評判は?口コミサイトの本音を大暴露

iFOREXは、銀行マンとディーラーといったお金のプロフェッショナルが集まり設立された海外FX業者です。1996年に創業しているため、20年以上の実績があります。

海外FXでは珍しい「ロスカット比率が0%」や暴落しても安心な「ゼロカットシステム」も人気です。

ここからは、iFOREXにおける6つのメリットと2つのデメリットを紹介します。

iFOREXのメリットとは?

iforex 評判

iFOREXは、いままで多くの日本人に愛されていました。ここでは、iFOREXにおける6つのメリットを解説します。

約22年の実績による「日本語サポートの良さ」

iFOREXは、海外FXブローカーとして1996年から運営しています。約22年の実績があるため、日本人に対するカスタマーサポートが充実

ほとんどのスタッフさんが、海外FXを知り尽くしているため入出金や取引中の疑問に答えられるでしょう。

問い合わせ方法については、電話・メール・チャットに対応しています。あなたが聞きやすいツールを選んでください。

ロスカットの比率が「0%」

iFOREXのメリットは、ロスカット比率が「0%」といった点です。実は、業者によってロスカットにかかる割合は違います。

【一般的な国内と海外のロスカット比率】
●国内FX
口座維持率が100%以下になるとロスカット(※1:業者による)●海外FX
口座維持率が20%~50%以下になるとロスカット(※1と同じ)
例えば、口座維持率が100%で25倍の国内口座だと
100万円の資金で1ロット(10万通貨)なら、約105円(証拠金100%)までロスカット。

iFOREXでは、口座資金がなくなるまでポジションを持ち続けられます。リーマンショック級の大暴落が起きなければ、損失をしても価格が戻る確率が高いでしょう。

まとめると、粘り強いトレードができる海外FX業者と言えます。資金力のあるトレーダーにおすすめです。

一般的な投資家は、損失が受け入れられる金額で損切りをしてください。

ゼロカットシステムが使える

iFOREXでは、ゼロカットシステムが利用できます。例えば、あなたが10万円を口座へ入金した場合、証拠金が0円になるまでトレードが可能です。

国内FXのような追証(おいしょう)がないため、業者から「損失したからお金を支払え」といった請求もありません。

自分のお金を失いますが、デモ口座と同じで精神的なダメージが少ないでしょう。

口座資金が2倍に「入金ボーナス」

iFOREXでは、口座開設後に入金をすると「口座資金が2倍」です。入金額によるボーナスの一例はコチラ。

【iFOREXに初回入金でもらえるボーナス額(1,000ドルまで)】
●500ドルの入金
500ドル(約56,000円)の入金+500ドル(約56,000円)のボーナス=口座資金が1,000ドル(約11万円)●1,000ドルの入金
1000ドル(約11万円)の入金+1000ドル(約11万円)のボーナス=口座資金が2,000ドル(約22万円)※1,000ドルまでは、ボーナスが2倍。1,000ドル以上になると、トレーディングチケットが40%です。
【iFOREXに初回入金でもらえるボーナス額(1,000ドル~5,000ドル)】
●3,000ドル入金
3,000ドル(約34万円)の入金+1,800ドル(約20万円)のボーナス=口座資金が4,800ドル(約54万円)●5,000ドル入金
5,000ドル(約56万円)の入金+2,600ドル(約29万円)のボーナス=口座資金が7,600ドル(約86万円)

※1,000ドル以上の入金から、口座資金の2倍にならないため注意してください。

取引量に応じた「100%のキャッシュバック」

iFOREXでは、取引によって「キャッシュバックボーナス」があります。投資家の中には、10,000ドル(約113万円)のキャッシュバックを受けた人もいました。

「利益分だけ引き出せる」といった注意書きもないため、口座から出金もできます。ただし、すべてのキャッシュバックには、3カ月の期限つきです。

iFOREXでトレードをした人は、忘れずにゲットしてください。実際にもらえるキャッシュバックの例は、以下のとおりです。

【iFOREXのキャッシュバック額】
●1,000ドル(約11万円)の入金で、500万ドル(※約5億円分)のトレードをした場合
40%のキャッシュバックとなり、300ドル(約34,000円)のキャッシュバックがもらえます。※レバレッジによって、5億円がなくてもトレードできます。

金融商品は「600種類以上」

iFOREXでは、600種類以上の金融商品があります。

そのため、ビットコインやリップルといった「仮想通貨」やソフトバンクやトヨタ株といった「株式」も購入できます。

FXの通貨ペアについては、100種類以上です。まるで、海外FX版の「ヒロセ通商(国内FXで50種類以上の通貨ペア)」ではないでしょうか。

iFOREXのデメリット

ここまでは、iFOREXにおける6つのメリットを紹介しました。ここからは、2つだけのデメリットを解説します。

別の銀行へ預ける「信託管理」がない

iFOREXのデメリットは「資金管理」です。分別管理のため「会社」と「投資家」のお金を分けています。

そのため、iFOREXが倒産したときにユーザーへお金が戻るのかわかりません。

利用者としては、別の銀行(信託銀行)に資金を預ける「信託保全」の方が安心できます。iFOREXが潰れても、信託銀行がユーザーへお金を返すためです。

10万円以下の出金は「2,000円の手数料」

iFOREXでは、10万円以下の出金に「2,000円の手数料(ドルの場合は20ドル)」がかかります。そのため、数千円~数万円の利益を引き出したい投資家に向いていません。

手数料を支払わないためには、クレジットカード入金または10万円以上の入金(月3回まで)

iFOREXの評判・口コミ

iFOREXの利用者は、どのような思いがあるのでしょうか。ここからは、FPAに書かれた良い・悪い口コミを紹介します。

●エジプト・匿名さんの口コミ
iFOREXのサポートがとても丁寧で驚いています。私はFX初心者ですが、十分なプラットフォームで満足しています。
●南アフリカ・匿名さんの口コミ
iFOREXのサポートは優れています。またiFOREXの取引ツールは使いやすいです。価格操作をしている噂がありましたが、私は納得ができません。理由は、ブルームバーグと同じ価格レートだからです。
●インド・匿名さんの口コミ
私は初心者のFXトレーダーですが、スプレッド・カスタマーサービスに優れているため、とても満足しています。
●ブラジル・ヘダーさんの口コミ
私の口座から2600ドルが消滅しました。現状マイページへのログインができません。カスタマーセンターに問い合わせたら、一時的な謝罪として50ドル送金されました。

老舗の海外FX業者で手厚いサポートを求める方にオススメ

iFOREXのメリットやデメリットを紹介しました。ロスカット比率が「0%」とキャッシュバックキャンペーンといったボーナスが充実しています。

「分別管理」のため、iFOREXが倒産したときの対応が気になるでしょう。それでも、1996年から20年も運営をしているため、新しいFXブローカーよりは信頼できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − three =